So-net無料ブログ作成
バラ作業 ブログトップ
前の10件 | -

つるバラの植え替え開始 [バラ作業]

やっと鉢植えのつるバラの植え替えを始めました。
まず土作り。
 
6707FAFC-7200-46E4-A088-C913E06A1C88.jpeg
これだけで赤玉の中粒と小粒、鹿沼土の中粒と小粒が合わせて7袋あります。
それに馬ふん堆肥、パーライト、くん炭、バラの肥料、マグァンプK、油粕を混ぜました。
よく混ざったら活力剤(リキダス)を入れた8リットルの水をジョーロでまいて湿らせてから植え替えました。


8217474B-DEDE-4C2F-85EC-8474F1C25C2C.jpeg
植え替えるつるバラを家の裏の畑に運びます。
でも途中にお化けゴールデンセレブレーションのアーチがあるんですよね。
枝同士が絡むので鉢を横にして運びます。
それでも油断したら絡んじゃうし。
これ以上大きいホーム&ガーデンやレッドレオナルドダビンチは庭に土を持ってきて植え替えるしかないなぁ。

鉢増しするバラもあるし、まだまだ植え替えは終わりません。
その後に誘引があるし、先は長い。
あと完全に土が足りない。
一応20袋以上買ってあったんだけどー。


32BA0789-0AA5-4C76-9187-911A52F0485E.jpeg
旧枝咲きのクレマチスも誘引しなくてはいけません。
これは地植えの雪おこし、真っ白の八重のクレマチスです。
やっぱりバラと植えるなら根元からバッサリ切れる新枝咲きの方が楽だったなー。


EDA286C2-D4A2-4EE7-96B1-A9135B4E24EA.jpeg
こんな風に春に咲く芽がもう見えてます。
旧枝咲きはバラよりも早く咲くので楽しみではあるんですけどね。

クレマチスもどんどん増えて、リストを作ろうと思いつつそのままです。
バラよりも枯れやすいので、リスト化しても変更が多いかも。

えっと、今年はもう買わない予定です!
たぶんね。




nice!(0)  コメント(0) 

穴は掘った [バラ作業]

今日は午後から雨の予報だったので頑張って午前中にバラの植え替え用の穴を掘りました。
ADF69452-83BC-4F38-A187-72095F94BB83.jpeg
わかりづらいですが、これで約1メートル四方で深さが5、60センチあります。

これでバラを植え替えした後の古い土を埋められます。
私は畑があるので古い土もなんとかできますが、庭しかない人は困っちゃいますね。


551C8430-E99C-4837-BBC5-D4ED9D861516.jpeg

穴を掘ってたら雑草のランナーがたくさん出てきました。
これがつる性で本当に邪魔です。
きっと一年畑を放置したらこの草だらけになるでしょう。


8D3A5892-C9C8-4C09-AC63-E8EA9FC1B9C7.jpeg

土が大量に届いてます。
赤玉と鹿沼土の両方で16袋あります。
バラだけで終わっちゃうかな。

結局、雨の中で穴を掘りました。
もう掘っただけで満足です。


C2B3FA4C-F368-4C5C-83F3-BF4719E49377.jpeg

誘引を解いたクレマチスのジョセフィーヌです。
去年は見事に咲いてくれました。
きっと根が回っているのでこれも土替えします。

130F4AC7-7B35-40E9-8D01-499E2E31F131.jpeg

この写真はもう盛りを過ぎてます。
バラに先駆けて咲く早咲き大輪系で万重咲きの豪華な花です。
クレマチスは一重のイメージがあるせいか、よくこの花は何ですか?と聞かれました。
次々と1ヶ月くらいは咲きました。
花びらが多くて掃除も大変でしたけど。
横に見えているオレンジっぽいバラはバフビューティです。

170F9876-5B60-4F25-B93A-EDE0BD067C16.jpeg

バフビューティの枝ぶりは何とも残念です。
もともとつるバラの福袋に入っていたもので、バフビューティ、サハラ、新雪、カール フラウ ドルシュキの4株で3000円という値段なので文句も言えませんが。
この上の方で出たサイドシュートを折ってしまったんですよね。
残念!

今日は思ったより雨が降りました。
明日、土を作っても鉢土が湿っていて何もできないかも。
そろそろ大物のゴールデン セレブレーションやピエールさんに取り掛からなくちゃいけません。
大変だろうなぁ。
怖いわぁ。



nice!(1)  コメント(2) 

誘引、剪定の難しさ [バラ作業]

相変わらず作業は進まず。
昨日は母の薬をもらいに病院に、今日はフラのレッスンで、バラの作業はちょっとしかできなかった。

誘引の前に土替えするのだけど、その土の配合は畑の空いている畝でするつもり。
私の畑は冬は自宅の陰になり特に西側は何を植えても冬は育たない。
だからもう冬はお休みにしている畝になるが、去年もその場所で土替えをして、古い鉢土を畑に混ぜてしまっている。
今年もとなるとちょっと嫌なので(別にバラの土が病気があるわけでなく、逆に薬剤が残っているかも)、その古い土を埋めるために穴を掘ることにしたのだった。

だからまず、穴を掘る→その横にブルーシートを敷いて新しい土を配合する→植え替えすると考えていた。
まだその穴が掘れていない。
予報では明日は雨だし、土はその後に作ろうかな、穴はどうしようかなと考えているうちに暗くなるのであーる。

大きな鉢のバラは植え替えしないで、土の一部を替える予定なので誘引は出来る。
アンジェラの去年の誘引を外して、新しいサイドシュートの向きを変えてまずはクリップで留めて考える。

E57101E7-785C-4691-BBC2-44D248609A72.jpeg

こんな風にワイヤーメッシュの奥に枝が入り込んでてどうにもできない。
なんとか抜けるかなと引っ張ったら、いい枝を根本から折ってしまった。
それも2本も!
アンジェラ、ベーサルシュートは出なかったのでサイドシュートが頼みの綱なのに。

同じく大きな鉢に植えてあるバフ ビューティのサイドシュートも折ってしまった。
こちらもベーサルは出ていない。

手は傷だらけでハートまで折れてしまったわ。

短い時間でできる鉢バラの剪定を始めたが、これまた悩ましい。
狭い庭にたくさんの鉢を置くのだからあまり長い枝では残さない。
やはりバンバン切るわけだけど、去年よりも枝がたくさん出ていてどれを残すか、鉢をぐるぐる回して考える。
剪定を始める前に各先生方の本を読んで自習していたが、実践になると経験不足で困ってしまう。
困ったら切る派なので、バチンバチンと切っている。
でもただ短くするばかりでは進歩がない気がして、また悩むのである。

子供が小学校に行ってた時の通学路に広い庭にたくさんのバラを植えているお宅がある。
昨日、その前を車で通ったら既に剪定されていたみたいだけど、剪定位置がとても高い。
広い庭で地植えで大きく育っても大丈夫なんだろう。

それにひきかえ我が家はいつまでたっても大きくなれないバラなのである。

92CA6B8C-B18E-4407-971F-8A6FA378B0D5.jpeg

こちらは駐車場脇の長い花壇に植えてある2本のバラ。
手前(左)が薫乃で右がクィーンエリザベスだけど、咲くと背の高さが全然違う。
クィーンエリザベスはすごく大きくなる。
去年も短く切ったけど秋バラは2メートル以上の高さで咲いていた。
今年も短く切ろうと思っていたのに、去年の講習会で鈴木満男先生とこのバラの話になった時に1メートル以下で切ってはいけないと言われた。
春に1メートルだったら秋バラの頃は3メートルになってしまうのではないか?
でも先生いわく、これはそういうバラだそうだ。
そして、こういう背の高くなるバラは庭の後ろに植えたほうがいいと言われるけど、あえて前の方に植えると面白いとも…。
どうも先生のイメージする庭の広さが大き過ぎるような気がする。
しかし、先生に倣って今年はクリーンエリザベスを高めに(1メートルよりは低いけど)剪定してみた。
隣の薫乃は逆にあまり伸びないのでやはり高く剪定した。
今はだいたい同じくらいの高さの2本のバラ、咲く頃はどうなるか(想像はつくが)楽しみである。

明日はできれば雨の降る前に穴を掘りたい。
明後日も出かける予定だからまったくどうなることか。

nice!(2)  コメント(2) 

なかなか進まない誘引 [バラ作業]

気がつけば1月も半ばです。
今年もよろしくお願いします。

つるバラの誘引は12月から1月までの作業となってますが、我が家の作業はまだまだ始まったばかりです。
三連休にぎっくり首になりまして、首が動かせなくなりました。
数年前にもやったんですが、その時は重症で何をしても痛い状況でしたが、今回は首の可動域が半分になるくらいで先週中頃には何とか車の運転もできるようになりました。
しかし、首が動かなくなると一番困るのが買い物で、スーパーに行くと思ったよりキョロキョロしているのがわかります。
年末までずっと寒い中でバイトしていた肩こりが蓄積したのか、色々なストレスか、原因はわかりませんが辛かったです。
そのほか、なぜか左足ばかり怪我をしたり、痛くなったりとなんかついてません。
これはお祓い案件かもしれません。

D94D6442-9D80-4A70-BCCF-1C3493571892.jpeg

せっかく体が動くなるようになったのにまず始めたのはトレリスのペンキ(サビ防止)塗りです。
これはある策略があって買っておいたトレリス。


1F14903D-CA2C-4EDC-8C78-7E7D108FF497.jpeg

これは玄関に続く壁に設置しているワイヤーメッシュで、今年の春はフラウ カール ドルシュキが誘引されてました。
ドルシュキさん、つるは伸びてるんですが、やはり花付きがイマイチ(←私が悪い)なので場所移動させます。

せっかくバラをどかしたので、ここのワイヤーメッシュもペンキの塗り直しです。
去年塗ったのは薄くてサビが出てきたんですよね。

ついでに今年の大プロジェクト用のワイヤーメッシュ2枚にもペンキを塗りました。
これは以前、大量に買った時の残りのワイヤーメッシュで、すっかり錆びてましたが白く塗ってリフレッシュ。
これを2枚、どーんと立てて、ついでに色々考えているんですが、問題は夫なんですよね〜。

とりあえず夫のいない平日にペンキ塗ってたんですが終わらず、昨日こっそり裏庭で塗ってたんですよ。
それをわざわざ夫が見に来て、「それ何するの?もうこれ以上やめてくれない?」だってー。
あーあ、見つかった。

設置してから文句言われて撤去するのはキツイので(半分だけ)計画を話しました。
「みっともなくはしないでね」だって。
つるバラ咲かすのがみっともないのか!
そもそも本当ならちゃんとしたアーチなりトレリスなり、パーゴラなどを設置したいのに文句言われるからいつでも撤去できるような簡易的な資材ばかりになるのに。

私がやろうとしている計画を全て知ったら猛反対されるだろうなぁ。
今回、芽衣を地植えにしますが、それは以前花壇で今は防草シートを敷いてバラの鉢を置いているところ。
新たな花壇作るのは禁止だけど、それは違反してないはず!

新しいデッキの建築だって全く未定だし(既存のはすでにボロボロで踏み抜きそうで危険)。
庭ぐらい好きにしたいよー。

年始早々愚痴りましたが、さっさと作業しなくては。

C07AEFEF-73C8-40AB-A788-9F97491B5382.jpeg

うちのつるバラは鉢植えが多いので、大移動が可能です。
やっぱり土替えもしようと決心して、邪魔になる枝を支柱にくくりつけたところです。

今週は土替え、鉢増しして誘引を進めていきたいと思います。
先が長ーい。


52DEADE4-F9C4-4395-A5AB-2F1CEEB12209.jpeg
唯一咲いているバラはなぜか花菜ローズです。
全然違うバラみたい。
今年の春はどうなるかなー。

nice!(1)  コメント(2) 

鈴木先生のつるバラの誘引講習 [バラ作業]

今日は花菜ガーデンに鈴木満男先生のつるバラの誘引講習に行ってきました。
この講習はサポーター限定になります。
15日、16日の2日間に渡って行われました。
私は仕事の都合で土曜にしましたが、参加者はなんと4人でした。

最初に先生のお話が数分あって、そのあとガーデンに出ていきなり実践!
さぁ、切って誘引して!と言われても〜。
私たちが誘引したのは波のように作られたベッド仕立ての場所でした。
みかねた鈴木先生がここを切って、その枝を寝かせて縛ってと指示を出してくれました。
花菜ガーデンのスタッフさんも一緒に作業したんですが、先生の指示が難しい〜。
離れたところから枝のどこどこを切ってと言われてもわからなーい。
この芽の上?それともこの枝のこの芽?みたいに何度も聞くとせっかちな先生はもう好きなところで切って!となります。
ここ?ここ?と二度ハサミを使うと、ハサミは一回しか使わない!紐は1分以内で縛る!と指導がでます。
下手で遅いのは最悪って。
確かに先生の剪定、誘引は早ーい。
パチンパチンと切って、誘引の穴(枝がない隙間)に枝を持ってきて縛る。
真似してパチンと切ったら、切り過ぎ!って怒られちゃった。

今日はベッド仕立てで、なかなか一般家庭ではできないけど、フェンス仕立ての場合も同じですよと説明を聞きました。
人数が少ないことをいいことに、いろいろ質問して教えてもらえました。
なるほど〜と思うことばかりで、でもこれが実践だとまた難しいんだよなーと思ったり。


DDBB1FAC-0AA5-480E-9C36-26FBE4C915BF.jpeg

こちらが作業した枝です。
品種は羽衣、ラウプリッターなど。

先生は誘引作業は好きなんですか?って聞いたら、誘引は楽な作業ですねって。
それだけ迷いなくできれば楽かも〜。


6B046FF1-80B0-492F-8655-710EE07B20A6.jpeg

ピッチリ誘引された枝の美しいこと。


D023E0F7-30CC-4910-9D31-99AB8A59E24A.jpeg

昨日はこちらのトレジャートレイブを誘引したんですって。
こちらも流れるように枝が縛られています。

2時間の作業が終わった後も、花菜ガーデンの木立性のバラを見ては、この剪定は良くないってバチバチ切っちゃうし、誘引のダメ出しはするし。
出来る人って厳しいわ〜と思いました。

質問すればズバッと答えてくれるのでとても勉強になりました。
先生の体験談や雑談も面白かったです。
自分が誘引(の手伝い)をした場所がどんな風に咲くのか来年の花菜ガーデンが楽しみですね。

この調子で自分の庭の誘引もできればいいなぁ。
私も早くやりたいけど、やっぱり来年になっちゃいそうです。
お正月明けに頑張ろうっと。



nice!(3)  コメント(4) 

後藤みどりさんの大苗植え付け講座 [バラ作業]

先日痛めた足首はなんとか治りました。
しかしその前から足の甲が痛くて、そちらは未だ湿布しています。

10月の花菜ガーデンのバラフェアの時にいつも行われるバラの専門家を招いての講習会。
今年はお天気も悪かったり、予定が合わなかったりでしたが、いくつか受講しました。

14日の土曜日に京成バラ園の村上敏先生のつるバラ講座に出て、翌日の後藤みどりさんのバラの大苗の植え付け講座にもでました。
もともと村上先生のは行く予定だっんですが、後藤みどりさんのは悩んでたんですよね。
こちらは3500円出して、コマツガーデンのバラの中から1つ選び実際に鉢増しする講座です。
村上先生の講座を受けるために花菜ガーデンに行くとコマツガーデンの販売テントが出ていました。
翌日の講習会ではどんな株を使うのかと見に行くと、後藤みどりさんが店員さんとしていらしてました。
後藤みどりさんに聞いたところ、翌日使うバラはそれ用に鉢植えを持って来るとのことでした。
でも3500円で開花株を買って、鉢増しまでできるのは随分お得ですよと言われました。

うちにはコマツガーデンさんの芽衣があります。
つるバラでほぼ一期咲きですが、今年の初めに自分の中に小花ブームが来てて買ってしまいました。
それを無謀にも地植えしようと思っていて、後藤さんとお話ししました。
心配なのはあまりに大きくなってしまった時。
今の妄想状態では庭にアーチと言うか、バーゴラ状に誘引したいなと考えてます。
想像よりはるかに大きくなった場合、壁に誘引するのは禁止と夫は言うだろう(今の時点の妄想でも言えば却下されるだろう)。
それで大きくなった場合の対処法を聞きました。
答えは適当に切ってよし。
やっぱりねー。
来年はまだそれほど伸びないだろうけど、三年後にはジャングルになるかも!
地植えのつるバラはいろいろ懲りてるのに学習しませんね。

それで翌日の講習会に出席することを決めましたが、朝バタバタして(主婦が日曜日の午前から出かけるのは大変!)着いたのは講習会開始の10分前。
お天気も悪くて、まぁ、空いてるだろうと思ったらまさかの人数。
と言うことは選ぶ苗も数が少なくなっていました。
そりゃみんな枝ぶりのいいのから取るよね。


39FD53A5-02B6-4884-BC04-0F153881E555.jpeg

私が選んだのはこにら。
ゴジャール社のオプティミストです。
店員さんに耐病性のある品種を聞いて選びました。
10種類ぐらいの鉢バラがあったみたいだけど、私が見たときはすでに売り切れの品種もあったみたい。
ゴジャール社初代のピエール・ゴジャールは17世紀末にベルサイユ宮殿の庭園長を務め、それ以降たくさんのバラを作出した会社です。
だから赤とかピンク系のバラばかりみたいですよ。
今回の講習会で選べたバラもほとんど赤、ピンクでした。


E4BA620C-C150-4FD4-8A54-759918A62181.jpeg

講習会ではテーブルに鉢と土が置いてあって後藤みどりさんのお話を聞きながら植え替えをしました。


D70CB17E-A569-4C18-BC37-34357EC645CF.jpeg

今の時期は根に触れずに周りに土を足すだけの植え替えです。


CFFDEE08-CD7E-47E7-BB8A-A24E0CDEBAB6.jpeg

売れ残り間のある枝ぶりですが、どうせ冬に剪定するので太い枝があるのを選びました。
植えるときも来年のことを考えて向きや角度に注意しました。


255387A0-4BD2-432B-B5FF-A96A4F9D86B5.jpeg

こんな感じです。
そして案の定、持ち帰る時に細い枝が折れました!
これだけ広がってればビニール袋に入れても折れるよね。

ちなみに蕾は開きましたが、本調子じゃないねって感じ。
来年に期待です。
ローズ オプティミスト(楽天家)、私にぴったりの名前だわ!


今現在のバラのリストです。
1 マイ・グラニー(2014.1)
2 スヴニール・デュ・ドクトゥール・ジャマン(2014.1)
3 ボレロ(2014.5)
4 薫乃(2014.5)
5 ピエール・ドゥ・ロンサール(2014.5)
6 ゴールデン・セレブレーション(2014.7)
7 グラミス・キャッスル(2014.7)
☆  レディ・エマ・ハミルトン(2014.12)→枯れた~
8 ジュビリー・セレブレーション(2014.12)
☆  パパメイアン(2014.12)→枯れた~
9 はなぐるま(2015.1)
10 ノヴァーリス(2015.2)
11 ヨハネ・パウロ2世(2015.2)
12 カリフォルニア・ドリーミング(2015.2)
13 アルテミス(2015.5)
14 レディ・エマ・ハミルトン(2015.5)
15 アンジェラ(2015.5)
16 レッド・レオナルド・ダ・ビンチ(2015.5)
17 ベル・ロマンティカ(2015.5)
18 ポール・セザンヌ(2015.7)
19 ソレイユ・ヴァルティカル(2015.7)
20 ビブ レ バカンス!(2015.7) 
21 ラベンダードリーム(2015.7)
22 マダム・フィガロ(2015.7)
23 イブ ピアッチェ(2015.7)
24 ジャックリーヌデュプレ(2015.8)
25 シェエラザード(2015.8)
26 シュー・ラ・ネージュ(2015.9)
☆ ディズニーランドローズ(2015.9)→枯れました…
27 ヘルツアス(2015.9)
28 アイスバーグ(2015.10)
29 バーガンディ アイスバーグ(2015.10)
30 快挙(2015.11)
31 クイーン・エリザベス(2015.11)
32 ジャスト・ジョーイ(2015.11)
33 かおりかざり(2015.11)
34 いおり(2015.11)
35 アブラハム・ダービー(2015.12)
36 ホーム&ガーデン(2015.12)
37 バフビューティー(2016.1)
38 サハラ’98(2016.1)
39 新雪(2016.1)
40 フラウ カール ドルシュキ(2016.1)
41 ザ・フェアリー(2016.1)スタンダード仕立て
42 グリーン・アイス(2016.1)→スタンダードじゃなくなりました
43 伽羅奢(2016.2)
44 花菜ローズ(2016.2)
45 アメジストバビロン(2016.2)
46 ファビュラス!(2016.2)
47 ベビーロマンティカ(2016.2)
48 オデュッセイア(2016.3)
49 アンブリッジ・ローズ(2016.3)
50 マチルダ (2016.6)
51 レオナルド・ダ・ヴィンチ (2016.6)
52 プリンセス・シビル・ドゥ・ルクセンブルグ (2016.11)
53 コンスタンツェ・モーツァルト (2016.11)
54 グレイス (2016.11)
55 バレリーナ (2016.12)
56 ウィリアム・アンド・キャサリン (2017.1)
57 スノーグース(2017.3)
58 芽衣(2017.3)
59 ガートルード・ジュキル(2017.3)
60 レディ・オブ・シャーロット(2017.3)
61 スパニッシュ・ビューティ (2017.5)
62 アイズ・フォー・ユー (2017.5)
63 ラプソディ・イン・ブルー (2017.5)
64 モーリス・ユトリロ (2017.5)
65 ディスタント・ドラムス (2017.5)
66 アントニオ・ガウディ (2017.6)
67 ローズ オプティミスト(2017.10)



nice!(1)  コメント(0) 

8回目薬剤散布と夏花 [バラ作業]

毎日暑いです。
本当に雨が降らない!
鉢が多い我が家では水やりだけでも30分ぐらいかかります。
たまにはサボりたい。

IMG_0569.JPG
今年8回目の薬剤散布です。
昨日の夕方、余裕を持って始めたつもりが時間切れになってしまい、半分は今朝6時半からやりましたよ。
気温が高くなったので薬害が心配です。

今回は薬の他に微粉ハイポネックスも入れました。
液肥のハイポネックスとは肥料分が違います。
葉が黄変して落ちてしまうのでその対策として株元にも撒きました。


IMG_0570.JPG
こちらも一緒に株元に撒いてみました。
コガネムシの幼虫が駆除できるといいんですが。

この2つを全部の鉢に撒いて回っただけでかなりの時間がかかりました。
それに水をやって溶かして。
その後に薬剤散布したので、もう真っ暗。


IMG_0574.JPG
暗くなってからお化けキュウリを取りました。
わかりにくいですが、横のトマトは大玉なんです。
お化けキュウリはもう食べられません。
種を取って冬瓜のように煮て食べると美味しいと聞き、やったことがありますが私しか食べないし、もういいや。


IMG_0575.JPG
こちらは今朝の収穫です。
トマトは毎食食べてます。
でもキュウリとナスは食べきれなくて、先日も弟がきたので押しつけました。

そういえば、弟が来た時に庭にカミキリムシがいて、バラの仇!と踏みつけた姉を見て完全に引いていました…。


畑にも害虫は出ています。
IMG_0571.JPG
オオタバコガの幼虫に食われたトマトです。
せっかくの大玉が!


IMG_0540.JPG
バラも咲いてます。
ピエール・ドゥ・ロンサールの返り咲き。


IMG_0541.JPG
ピエールさんは蕾が一番かわいい。


IMG_0542.JPG
こちらはアブラハム・ダービーです。


IMG_0544.JPG
サイドシュートに咲いたアンジェラさん。


IMG_0577.JPG
うちのアンジェラさんは大きくならないなーと思っていましたが、今年は枝がたくさん出ました。


IMG_0545.JPG
ベビー・ロマンティカはこれだけ咲かすと後で体調崩すと思う。


IMG_0546.JPG
シェエラザードも良く咲きます。


IMG_0547.JPG
レッド・レオナルド・ダ・ビィンチ


IMG_0548.JPG
咲かせないつもりだったのに咲いちゃったアメジスト・バビロン。


IMG_0549.JPG
これも下葉はなくなってるシビル・ドゥ・ルクセンブルク。


IMG_0551.JPG
今年は上手く咲かせられなかったジュビリー・セレブレーション。


IMG_0552.JPG
快挙


IMG_0553.JPG
アルテミス


IMG_0554.JPG
ホーム&ガーデン


IMG_0555.JPG
新苗なのに咲いちゃったラプソディ・イン・ブルー。


IMG_0556.JPG
シューラネージュ


IMG_0558.JPG
イブ・ピアッチェ


IMG_0576.JPG
マイグラニー


遠目から見ると結構バラが咲いてます。
すぐ散るから掃除が大変。

三連休は雑草抜きできないだろうなぁ。
収穫はしないとまたお化けキュウリができちゃう!




nice!(2)  コメント(4) 

7回目薬剤散布と野菜収穫 [バラ作業]

九州地方の豪雨は凄まじいですね。
もし同じような雨が降ったら、うちの周りはどうだろう…と考えてしまいます。

我が家に火曜日の台風被害はありませんでした。
倒れた鉢もなかったし。
でも後から見たらゴールデンセレブレーションの新しい枝が何本か折れてました。
サイドシュートになるのか、あちこちからバンバン出ているんですよね。
長さも1メートルぐらいで、アーチを通る時に邪魔なので一部まとめて縛ってます。

昨日、やっと薬剤散布ができました。
前回から2週間以上経ってしまいました。


IMG_0467.JPG
今回も黒点病の治療薬剤のトリフミンと殺虫剤のダントツです。
最近、庭でカナブンの死骸をよく見るので、この殺虫剤を選んでみました。
今回も8リットル散布しました。
本当は少し足りないんですが、この噴霧器は4リットルなのでもう一回薬液を作るのが面倒なんですよね。
結果いつもゴールデンセレブレーションが不十分な感じになります。
しかし、今度からはちゃんとやろう!と決心しました。
というのも、今朝水やりをしていたら、死んだカミキリムシと瀕死(アリが集ってた)のカミキリムシの2匹を見つけました。
これは薬剤の効果?
でも死んだカミキリムシはバラの鉢の上にいたんですよね。
もう産卵後かしら?

ダントツはコガネムシ(カナブン)やカメムシ、カミキリムシに効果があるくすりですが、これ幼虫には効きませんよね。
追加でオルトランDX粒剤を撒いておこうかな。
これはコガネムシの幼虫には効くらしいですが、カミキリムシの幼虫はダメかなぁ。
オルトランDXはユキヤナギにアブラムシが付いた時に使ったんですが、樹高が1メートルぐらいまでしか効かないんですよ。
うちのユキヤナギは大きいので枝先に集中しているアブラムシは死にませんでした(ゴム手袋して潰しました…)。
地中にいるコガネムシの幼虫には関係ない話ですが。


IMG_0431.JPG
大玉トマトがたくさんなってます。
でもぼちぼちカメムシが出ているんですよ。
カメムシに吸われると皮に傷がつき、引き攣れたようになってしまいます。
畑に薬は使わないので困ってしまう。


IMG_0473.JPG
こちらが昨日の収穫です。
冷蔵庫にもキュウリとナスはあるので食べ切れません。
たまたま今日母の知り合いの方が来られて差し上げました。
毎年キュウリが1日で10本ぐらい取れる日が何回かはあるんですよね。
ゴーヤやナスやキュウリはフラのレッスンに持っていくと喜ばれます。

トマトは全然たりません。
もっとないの?と家族から催促が。
義母がくれるのを待ってます。


咲いているバラです。
IMG_0451.JPG
癌腫持ちのジャスト・ジョーイです。
好きな色です。


IMG_0453.JPG
シェエラザード


IMG_0454.JPG
レディ エマ ハミルトン


IMG_0456.JPG
白バラゾーンではアイスバーグ、ヨハネパウロ2世、ファビュラス!など。


IMG_0459.JPG
ヨハネパウロ2世は花びらが傷んでます。


IMG_0469.JPG
ボレロ


IMG_0460.JPG
クィーン エリザベス


IMG_0461.JPG
挿し木苗のアンジェラ


IMG_0457.JPG
手前の赤はバーガンディ・アイスバーグで奥はオデュッセイアです。


IMG_0472.JPG
バーガンディ・アイスバーグは花びらの裏が白いのが好き。


IMG_0458.JPG
オデュッセイアは枝を伸ばすかまだ思案中。


IMG_0468.JPG
アブラハム・ダービー


IMG_0471.JPG
ジュビリーセレブレーション

どのバラも春と比べると花が小さく、花びらの枚数も少ないです。
無理して咲かせるより蕾を摘もうかと思うんですがね〜。

毎日蒸し暑いですが、本格的に草むしりをしないといけません。
日中は暑すぎるし、汗をかくのはわかっているので、シャワーに直行できるように夕方メインのガーデニングになります。
時間切れで出来ない作業も増えてきました。
暑くてもやるしかないなー。
がんばろー。



nice!(3)  コメント(0) 

6回目薬剤散布と畑の様子 [バラ作業]

昨日は朝7時から薬剤散布をしました。
IMG_0230.JPG
引き続き黒点病治療に努めます。
最近は薬剤を希釈する時に活力剤と液肥も入れて散布しています。

朝から薬剤散布して、雨が降ったのは午後二時過ぎ。
6時間以上あったので大丈夫だと思うけど。
梅雨時はそんな感じの散布が多くなりますよね。
夏は気温が高くて薬害が心配で夕方に散布することが多いです。
そうすると夕立が降って断念したり。
昨日はたまたまお天気が不安定でお隣さんが洗濯物を干してなくてラッキーでした。

黒点病はいつも出るバラに集中しています。
特にアメジスト・バビロンがひどくて半分丸坊主です。
それでも花芽をつけようとするので全て摘み取って治癒と葉を増やすことに専念してもらいます。

今日は朝から水やりを兼ねて液肥と活力剤をやりました。
昨日ぐらいの雨だと葉の茂ったバラの株の根本は完全に乾いてます。
ついでに畑の野菜にも液肥+活力剤の水を葉にシャワーしました。
雨の次の日など土が湿った状態の時に液肥をやるようにしています。
乾いてからやった方が植物がよく吸うようなイメージですが、土に液肥が行き渡るのは湿った土の方なんですよね。


IMG_0234.JPG
種まきしたキュウリも伸びて来たのでネットを張りました。
シソやバジルも元気よく育ってきました。
息子がシソの天ぷら好きなんですよね。


IMG_0235.JPG
坊ちゃんカボチャも伸びてきたので立体栽培にします。
今朝見ると花が咲いてましたが雌花だけで残念ながら未婚で終わりました。


IMG_0236.JPG
長茄子もまだ調子が出ません。
株は大きくなってきたのでこれからですね。
こちらは浅漬けにしました。


IMG_0237.JPG
うちのは全然大きくならないなとスーパーでピーマンを買ってたんですが小さな株でこんなに大きな実が3つもなってました。
それじゃ株も大きくならないよね。
他にも苗で買った甘とう美人も葉が縮れててちょっと心配です。
タネから育てたジャンボししとうはまだ小さいし。
これらは秋口まで収穫できますから焦っちゃ行けないのかも。


IMG_0233.JPG
先日、バッサリ切ったラベンダードリームは新芽が出てきました。
すこしハダニが出ています。
小輪のバラはハダニが出やすいようですね。
これも葉っぱシャワーしないと。


IMG_0231.JPG
壁に誘引しているフラウ・カール・ドルシュキの新芽が伸びてます。
あんまり伸びると通行の邪魔だと怒られちゃうな。
今年はボーリングばかりでキレイに咲かなかったので来年は左遷予定です。
  

IMG_0232.JPG
危険を察知したのか蕾が出てきました。
NHK出版のバラ大図鑑では四季咲き〜返り咲きとなってます。
キレイに咲いてくれるかな。

もうクレマチスが終わってきています。
株のことを考えると早く剪定しなくちゃ。
明日出来るかな〜。

nice!(2)  コメント(1) 

切ったぞー [バラ作業]

雨が降りませんねー。
それでも日曜日にちょっと雨マークが出ています。
本当かしら。
最近縫い物ばかりしていて庭も畑も観察不足です。
明日はお天気を見て薬剤散布する予定です。


IMG_0220.JPG
前回の薬剤散布から10日。
ビブレ・バカンスは持ち直したようです。
ヒドイのはまだまだなんですけどね。


IMG_0217.JPG
花殻が隣の庭に落ちるのを防止するためにアルテミスをバッサリ切りました。
といっても春に伸びた分です。
冬の剪定でガッツリ切って木立仕立てにします。
いま咲いているのはクレマチスのビチセラ、踊場など。
下葉で咲いてるのは宿根リナリアとナデシコです。
あとはコボレダネ用に放置のオレルアやニゲラですね。


IMG_0218.JPG
ボサボサ咲いていたベル・ロマンティカもバッサリ切ってしまいました。
オベリスク仕立てで全体に咲かすのって難しい。
無理して伸ばさなくてもいいかという気持ちになりますね。
とりあえずうどんこ病の箇所は切り取りました。
これで薬剤散布して完全に治るといいけど。


IMG_0212.JPG
いま咲いてるバラも少なくなって来ました。
これはレディ・オブ・シャーロットです。


IMG_0213.JPG
ポール・ゼザンヌは随分小さい花で咲いてます。


IMG_0214.JPG
アンブリッジ・ローズは去年の誕生日プレゼントにもらったバラです。
黒点病で調子を崩した1年間でしたが、春から新しい葉になりいい感じ。
ぜひキープしたい。


IMG_0215.JPG
ブーケ状に咲かせてしまったのはいおりです。
これはシュートですよね。
最初に出てきた枝先を折ってそのままにしてたらこうなりました。
シュートは折る!というのはバラ本に書いてありますが、折ればまた伸びてくるので、それをどうすればいいのは案外書いてないんですよ。
何回も折ればいいってことなんでしょうね。
きっと咲かすのは良くないんだろうなぁ。
まぁ、仕方ない。
画像のいおりの後ろのくしゅしくゅっとした花殻はジャクリーヌ・デュ・プレです。
知らないうちに2番花が咲いてました。


IMG_0221.JPG
パッとしたオレンジはサハラです。
このバラもたくさん咲いたので一輪をよく見ることはありませんでした。
2番花の蕾はまだあります。
どの程度の四季咲き(繰り返し咲き?)性か気になりますね。

 
IMG_0222.JPG
去年まで駐車場脇の長い花壇に植えてあったアガパンサスです。
大きくなって通路にはみ出すので掘り上げて野菜用のプランターに2つに分けて植えました。
置き場がなくて裏庭に左遷状態です。


IMG_0223.JPG
当然去年より花枝の数は減りました。
地植えで伸び伸びと育ててあげたいです。


IMG_0226.JPG
裏庭の隅に植えてあるアリストロメリアは誰も見てくれないのにずっと咲いてます。
今年の春に庭にあったアリストロメリアもラズベリー畑に植えちゃった。
切り花にすればいいけど、虫もいるんですよね。


IMG_0225.JPG
ブラックベリーが結実してます。
さて、今年は収穫できるかな。

畑の野菜の調子が良くありません。
トマトにアブラムシがいたり、ナスも虫がついてます。
バラには薬剤散布しますが、野菜は無農薬で育ててるので、水で洗い流すしかないかなー。

トマトが取れないと大打撃です。
義母がくれるとは思うけど。

今日は義母が玉ねぎを持って来てくれました。
うちの2倍くらいの大きさ…。
大きい方が腐りやすいから先に食べなきゃ。
電話で「ジャガイモはまだ取れないの?」と聞いたら掘って持って来てくれました。

IMG_0229.JPG
雨が少なかった割には大きなお芋です。
催促するとは我ながら図々しい(いつものことか?)。
夕飯にフライドポテト(娘の大好物)にしていただきました。
保存できる野菜をもらえると嬉しいですね。


nice!(2)  コメント(0) 
前の10件 | - バラ作業 ブログトップ