So-net無料ブログ作成

竹細工体験とナスについて [日々のこと]

最近、冷房に負けてます。
すぐに右肘が痛くなる。
元はテニス肘(手首の使い過ぎによる)だけど、室温27度に設定しても痛くなるので困ってしまう。
冷房のない部屋でミシン(趣味の裁縫)をすることが多いけど、風がない日はアイロンを使うと汗だくになる。
しかしこれだと肘は痛くない。
今日は午前中ミシン、フラレッスン、ガーデニングとTシャツ3枚取り替えました。


先週の土曜日に花菜ガーデンに竹細工体験に娘と行ってきました。


IMG_0630.JPG
ござ編みのボンボン入れを作りました。
右下のが完成見本で、時間短縮のため底部分は予め作ってありました。
市内の竹遊会のみなさんが教えてくださいました。
なんと参加人数よりお手伝いの方が多くてマンツーマンで指導してくださいましたよ。


IMG_0645.JPG
こちらが私と娘の完成したボンボン入れです。
微妙に大きさが違うのが手作りならでは。
花菜ガーデンで竹遊会の方の作品の展示もしてあって細かく切った竹を使って繊細な細工のバッグや花器などいろいろな作品が見れました。
会では竹から材料に使うように切っているそうです。
その方が編むよりも時間かかりそう。


IMG_0631.JPG
花菜ガーデンは流石の暑さでバラはイマイチでした。
元気なノックアウトでさえこんな感じ。


IMG_0632.JPG
熱帯スイレンが咲いてました。


IMG_0633.JPG
池には大っきな鯉。


IMG_0635.JPG
レンコン畑も花が咲いてます。
私も娘もこのレンコンの花後のタネがダメ〜。
2人で見てはぞーっとしてました。


IMG_0636.JPG
さて、私の畑ではキュウリとナスが大豊作で、2日か3日おきにこの量が取れます。
これは日曜に収穫した分で、全て夫の実家に持って行きました。


IMG_0644.JPG
これは昨日の夕方収穫。
今日も午前中にナス5本、キュウリ7本を取ってトマトと一緒にフラの先生に持って行きました。


先生も庭で家庭菜園をしているんですが、今年はナスがダメみたいです。
義母の畑でもキュウリが枯れて、ナスも全然取れないと言ってました。
なぜ、うちは豊作なのか。
義母に『家の裏だから水やりできていいね』と言われました。
義母が借りている畑は水道がなくて、雨水を貯めるか、数分離れた家から水を運ぶかしなくてはいけません。
今年の神奈川は雨が少なくて、5月からずっと畑は乾いているような状態です。
確かに鉢植えのバラには毎日水をやらないと枯れてしまいますが、私は畑にまでは水やりしてません。
水に関して言えば、私はマルチをしてナスを植えてるし、周りの通路は黒い防草シートを敷いているのが乾燥を防いでいるのではないかと。
あと家の裏ということで日当たりが最良でもないんです。
冬よりは陽が当たりますが、義母の畑のように早朝から日暮れまで遮る物なく陽が当たってる訳ではありません。
ぎっちり植えてるから風通しが悪くて乾かないのかもしれない。

今年の肥料は自家製のボカシ肥だけです。
内容は骨粉と油粕メインになりますね。
まだ植え付け間もなかった5月はバラと一緒に液肥を週一でやりましたが、株が大きくなってからは何もやってません。
追肥もしてません。

あと長ナスだというのもいいのかも。
ここ数年、普通のナスは作ってません。
長ナスはタネもできにくいし、本数はなるし、切りやすいので調理も楽です。

ただねー、ナスは私と母しか食べないので余るのです。
長ナス2本、白長ナス1本しか植えてないのに。
キュウリと比べれば毎日取らなくてもいいので、誰かにあげればいいんですけどね。

新しいキュウリの苗を買ってきたので植えなくちゃ。

相変わらず雑草がすごいし。
なんとかしなくちゃな〜。

nice!(4)  コメント(4) 

ブラックベリー初収穫 [今日の収穫]

今日は午前中に裏の草むしり、夕方に駐車場の草むしりをしました。
裏庭は日陰になっている通路の草を取っただけで、本格的な草むしりは持ち越しです。
もう脇芽取りもしなくなったのでトマトも暴れ放題。
これも毎年のことですけど。

IMG_0613.JPG
ブラックベリーが黒く熟れてました。
やっぱりカメムシに吸われている実も多くて、枝を少なくしたこともあり全体量は少なめ。
草むしりの最中にこれだけ取って洗って食べました。
久しぶりに食べたブラックベリーは甘くて美味しかったです。
今年は冷凍しないで全部ナマ食にしちゃおうかな。


IMG_0612.JPG
トマトはこのぐらい。
わかりづらいですが、ずっしり重いです。
たぶんまた義母がくれるだろうから早く食べなきゃ。
大玉トマト、家族で1日に10個ぐらい食べてます。
息子はお弁当とは別に大きなタッパーで別にトマトだけで持っていきます。


IMG_0622.JPG
サンパチェンス、植え替えようと鉢も買ってあるのにそのままです。
挿し木のグラミス・キャッスルは取り損ねのツボミがこんなに咲いちゃいました。


IMG_0623.JPG
レッド・レオナルド・ダビィンチとホーム&ガーデンはよく咲いてます。


IMG_0624.JPG
花壇のデルフィニウムは抜いてしまいましたが庭のは数本残してあります。
春よりずっと華奢な感じでかわいい。


IMG_0625.JPG
今年もグロリオサリリーが咲きました。
つる性のはずが今年はあまり伸びなくて50センチぐらいのところで咲いています。
この球根、今から7、8年前に植えたもの。
グロリオサリリーの球根は長さ20センチぐらいのくの字に曲がったキュウリみたいな形をしています。
だから去年の球根から子球がくの字に育つので最初に植えた場所からどんどん離れて行ってしまうんですよね。
今年はとうとう花壇の外に芽が出てしまいました。
花壇の外の固い土から発芽したから伸びなかったのかな。
隣の花壇のバラの根元から発芽したのもあって、正に神出鬼没です。


IMG_0627.JPG
ちゃんと(?)高いタネを買って育てた百日草です。
上のグロリオサリリーの隣に咲いている百日草はどこかで無料配布していたタネです。
やっぱり花の大きさが違う。

明日は花菜ガーデンに行って来ます。
バラはどんなかな〜。


nice!(4)  コメント(2) 

ナスとキュウリ、どうすればいいのか [今日の収穫]

ここ数日、イライラ、クサクサすることが多く、気分が落ち込みがちでした。
これではいかん!とフラ友とランチに行ってきました。
近所のファミレスだけど、4時間2人でおしゃべりして憂さ晴らしです。
どうした〜?とも聞かず、ずっとおしゃべりしてくれた友達に感謝です。
私の方が2つ年上だけど、子供2人が同じ歳で、お互いの家族のこと、子供のこと、フラのこと、その他いろいろ楽しく話して気分も上がりました。
家に帰ると母が老人会で作ったラベンダースティックがあって玄関に入った途端いい香りがしました。
ラベンダーの香りは鎮静作用があっていいですね。

夕方になって、少しは草むしりをするか…と外に出ました。
ここ数日収穫をサボってました。
畑を見ると…。

IMG_0596.JPG
キュウリだけで10本。
ナスは見えるだけ取ってもこの状態です。
キュウリは恒例のお化けもありましたよ。(怖くて放置しちゃったけど)


IMG_0597.JPG
IMG_0598.JPG
IMG_0599.JPG
夕方の百合は怪しげに見えます。
これは大玉の球根を植えたもので、3年目ですがこんなに大きく咲きました。
通路にあるから花粉で服を汚さないように気をつけなくちゃ。

結局草むしりはそれほど出来ませんでした。
とりあえず駐車場脇の長い花壇の雑草は抜いたし、駐車場コーナーの雑草も少し抜いたので(それだけですごい量)続きはまた明日。
畑の防草シートを敷いていない場所が大変なことになってます。
明日は今季一番の猛暑と天気予報で言ってました。
うわー、どうなるんでしょうね。



nice!(2)  コメント(0) 

水やり事情 [畑仕事]

昨日はザーッと雨が降って水やりがサボれました。
各地でヒョウの被害が出たらしいですが、うちは無事でした。
とは言え、雨が降る前にトマトを収穫しなければ久しぶりの雨を吸い上げたらみんな割れてしまう!
フラのレッスンから帰ってきてポツポツ降り出したところで慌てて収穫しました。
色づいてないのは取らなかったので、多少の実は犠牲になるでしょう。

ピニール袋いっぱいに収穫したのに写真を撮り忘れました。
日曜日に義母がトマトを大量にくれました。
大玉トマトを50個ぐらい?
あとミニトマトも数キロ?
全部を冷蔵庫に入れることはできないので熟して悪くなる前にせっせと食べてます。


IMG_0580.JPG
トマトと一緒にスイカももらいました。
義母は毎年大玉、小玉と合わせて6〜8本のスイカを植えているんですが、今年は空梅雨で全然実が大きくならないんですって。
これも大玉だけど小ぶりでした。
味はとても甘くて美味しかったです。
暑い日が続いてますからね。


IMG_0581.JPG
こちらは昨日の朝の庭です。
なんちゃってガゼボのレッド・レオナルド・ダビィンチとホーム&ガーデンはよく咲いてます。


IMG_0583.JPG
鉢のピンクの花はバレリーナ、フェンスの小輪はガラシャです。
ガラシャはいつでも咲いているのでたぶん夏剪定もしないと思います。
そろそろ蕾をソフトピンチしようと思ってますが、暑さに勝てません。


日曜日の趣味の園芸で14年前のクレマチスの回が放送されました。
柳生さんが若くして亡くなられたのは本当に残念ですね。
金子先生もお若い。
放送で夏の水やりについて、金子先生が水切れしていても夕方まで水やりしない方がいいとおっしゃってました。
でも、去年、花菜ガーデンで受けたクレマチス年間管理講座では金子先生は水切れしていたらすぐに水をやらないとダメだとおっしゃってたんですよ。
喉が渇いている人に水を飲ませないようなものだって。
やはり10年以上経つと色々変わってくるんですよね。
私は水切れしてグッタリしてしまった鉢には暑くても水やりします。
その代わり充分に鉢の中が冷えるように鉢底から水が出たあと、しばらくしてもう一度やるようにしています。
昔は水やりは朝が一番で、夕方にやると成長が悪くなると言われてました。
でも最近は夜に水分がある方が良いという説もあるんですって。

先日の講習会で鈴木先生が一鉢ごとホースで10秒は水やりするといいとおっしゃってました。
この10秒説は他の先生からも聞いたことがあったのでいつもそうしています。
数えながら10秒やりますが、案外長いんですよ。
バラの鉢だけで50個以上あるし、他にも水やりするので時間がかかるんですよね。

また鈴木満男先生がおっしゃるには、水道水は強アルカリ性なのでバラに良くないらしいです。
雨は酸性ですよね。
雨水タンクでもあればいいのですが、この空梅雨ではそれでも足りないでしょう。
実は我が家のすぐ横には田んぼに水を引くための用水路があるんですよ。(うちは田んぼないですが、土地の境界に流れてます)
幅45センチぐらいの側溝になっていて、フタもなく、今の時期はたくさんの水が流れています。
この水は川から引いているのでアルカリ性ではないはず。
ということでバケツですくって鉢にやってます。
でもそれも大変なのでいつもじゃないですけどね。
水道代節約のためにも毎回汲めばいいんですが。

先日、いつものようにバケツ(4リットルぐらいの小さいもの)を水の流れの中に入れて汲もうとしたら体長1メートルぐらのヘビが泳いできたんですよ!
もう少しでバケツですくい上げてしまうところでした。
ヘビはアオダイショウではなくて毒のあるヤマカガシでした。
ヤマカガシは水辺が好きで、前に近所の田んぼでスイスイ泳いでいるのを見たことがあります。
今回も流されたのじゃなくて泳いで下の田んぼに行こうとしてたんじゃないかな。
水の流れは早いのにちゃんとかま首を上げて泳いでましたから。

爬虫類は全然平気(むしろ好き)な私ですがいきなりのことで驚きました。
まぁ、滅多にない遭遇でしょうからこれからも時間があるときは用水路の水をやろうと思ってます。

あー、明日は草むしりしよっと。

nice!(2)  コメント(2) 

8回目薬剤散布と夏花 [バラ作業]

毎日暑いです。
本当に雨が降らない!
鉢が多い我が家では水やりだけでも30分ぐらいかかります。
たまにはサボりたい。

IMG_0569.JPG
今年8回目の薬剤散布です。
昨日の夕方、余裕を持って始めたつもりが時間切れになってしまい、半分は今朝6時半からやりましたよ。
気温が高くなったので薬害が心配です。

今回は薬の他に微粉ハイポネックスも入れました。
液肥のハイポネックスとは肥料分が違います。
葉が黄変して落ちてしまうのでその対策として株元にも撒きました。


IMG_0570.JPG
こちらも一緒に株元に撒いてみました。
コガネムシの幼虫が駆除できるといいんですが。

この2つを全部の鉢に撒いて回っただけでかなりの時間がかかりました。
それに水をやって溶かして。
その後に薬剤散布したので、もう真っ暗。


IMG_0574.JPG
暗くなってからお化けキュウリを取りました。
わかりにくいですが、横のトマトは大玉なんです。
お化けキュウリはもう食べられません。
種を取って冬瓜のように煮て食べると美味しいと聞き、やったことがありますが私しか食べないし、もういいや。


IMG_0575.JPG
こちらは今朝の収穫です。
トマトは毎食食べてます。
でもキュウリとナスは食べきれなくて、先日も弟がきたので押しつけました。

そういえば、弟が来た時に庭にカミキリムシがいて、バラの仇!と踏みつけた姉を見て完全に引いていました…。


畑にも害虫は出ています。
IMG_0571.JPG
オオタバコガの幼虫に食われたトマトです。
せっかくの大玉が!


IMG_0540.JPG
バラも咲いてます。
ピエール・ドゥ・ロンサールの返り咲き。


IMG_0541.JPG
ピエールさんは蕾が一番かわいい。


IMG_0542.JPG
こちらはアブラハム・ダービーです。


IMG_0544.JPG
サイドシュートに咲いたアンジェラさん。


IMG_0577.JPG
うちのアンジェラさんは大きくならないなーと思っていましたが、今年は枝がたくさん出ました。


IMG_0545.JPG
ベビー・ロマンティカはこれだけ咲かすと後で体調崩すと思う。


IMG_0546.JPG
シェエラザードも良く咲きます。


IMG_0547.JPG
レッド・レオナルド・ダ・ビィンチ


IMG_0548.JPG
咲かせないつもりだったのに咲いちゃったアメジスト・バビロン。


IMG_0549.JPG
これも下葉はなくなってるシビル・ドゥ・ルクセンブルク。


IMG_0551.JPG
今年は上手く咲かせられなかったジュビリー・セレブレーション。


IMG_0552.JPG
快挙


IMG_0553.JPG
アルテミス


IMG_0554.JPG
ホーム&ガーデン


IMG_0555.JPG
新苗なのに咲いちゃったラプソディ・イン・ブルー。


IMG_0556.JPG
シューラネージュ


IMG_0558.JPG
イブ・ピアッチェ


IMG_0576.JPG
マイグラニー


遠目から見ると結構バラが咲いてます。
すぐ散るから掃除が大変。

三連休は雑草抜きできないだろうなぁ。
収穫はしないとまたお化けキュウリができちゃう!




nice!(2)  コメント(4) 

トマト大収穫 [今日の収穫]

毎日写真は撮るのにアップしないのでどんどん情報が古くなってしまいます。
相変わらず夕方になって水やりとちょこっと収穫するぐらいで草はボーボーです。
あー、喝を入れなきゃ。

昨日も夕飯の支度をしてから6時過ぎにトマトを収穫。
先に収穫しないと暗くなって見えなくなります。


IMG_0532.JPG
こちらが昨日の分。
毎日、少しずつ収穫しているんですが、昨日は頑張りました。
桃太郎ゴールドは初収穫です。
ナスとキュウリは毎日取ってます。


IMG_0524.JPG
例えばこれは火曜日の朝に収穫した分。
この後のフラのレッスンの時に友達に保冷バッグで持っていくものがあってついでにおすそ分けしました。
キュウリとミニトマトはいいけど長ナスはバッグに入らなーい。


IMG_0515.JPG
こちらは週末に義母にもらった大玉トマトです。
まだ取れ始めでどれもキレイ〜。
それにしてもすごい量です。
この倍ぐらいの量のミニトマトももらってます。

毎日すごい量のトマトを食べて、でもちょっと熟し過ぎたり、傷がついたものを集めて昨日はラタトゥイユを作りました。
家で作っていないパプリカとズッキーニは買いました。
1番高かったのはひと玉300円のニンニクでした。


IMG_0501.JPG
畑はすごいことになってます。
荒ぶるトマトとか。


IMG_0500.JPG
放任のナスとか。
野菜の本でナスは三本仕立てとか書いてありますが、うちは自由にしてます!
だってやりきれないし。
食べきれないし。


IMG_0497.JPG
坊ちゃんカボチャも茂ってます。
ずっと雄花ばかりで実がならなかったんですが、ここ数日でやっと雌花が咲いてきました。
朝ちゃんと起きて受粉させればいいのよね〜。


IMG_0503.JPG
そういえば苗を買って植えたムラサキトマト。
ムラサキにならなーい。
血色の悪いミニトマトみたい。
当然家族は嫌がります。
栄養はあると思うけど。


IMG_0499.JPG
ブラックベリーはこんな感じ。
ここから熟れるまでが長い。
そしてカメムシがくる。
今年はラズベリーが不作だったけど、ブラックベリーもダメかな。


IMG_0508.JPG
アガパンサスは野菜プランター2つに分けて植え替えたもの。
アガパンサスって香るんですよ。
夕方近くに行くといい香り。


IMG_0498.JPG
鉢に植えっぱなしの百合はなぜか毎年咲きます。
植え替えると咲かなくなる。


IMG_0510.JPG
畑で草ボーボーの中に咲く百合とアリストロメリア。
こちらも鉢植えで、水やりを度々忘れるのに偉いなぁ。


IMG_0504.JPG
春から休みなく次々咲くカリフォルニア・ドリーミング。
派手〜。


IMG_0506.JPG
サハラは可愛く咲いてます。


さて、今日の夕方は何が出来るかな〜。



nice!(4)  コメント(2) 

7回目薬剤散布と野菜収穫 [バラ作業]

九州地方の豪雨は凄まじいですね。
もし同じような雨が降ったら、うちの周りはどうだろう…と考えてしまいます。

我が家に火曜日の台風被害はありませんでした。
倒れた鉢もなかったし。
でも後から見たらゴールデンセレブレーションの新しい枝が何本か折れてました。
サイドシュートになるのか、あちこちからバンバン出ているんですよね。
長さも1メートルぐらいで、アーチを通る時に邪魔なので一部まとめて縛ってます。

昨日、やっと薬剤散布ができました。
前回から2週間以上経ってしまいました。


IMG_0467.JPG
今回も黒点病の治療薬剤のトリフミンと殺虫剤のダントツです。
最近、庭でカナブンの死骸をよく見るので、この殺虫剤を選んでみました。
今回も8リットル散布しました。
本当は少し足りないんですが、この噴霧器は4リットルなのでもう一回薬液を作るのが面倒なんですよね。
結果いつもゴールデンセレブレーションが不十分な感じになります。
しかし、今度からはちゃんとやろう!と決心しました。
というのも、今朝水やりをしていたら、死んだカミキリムシと瀕死(アリが集ってた)のカミキリムシの2匹を見つけました。
これは薬剤の効果?
でも死んだカミキリムシはバラの鉢の上にいたんですよね。
もう産卵後かしら?

ダントツはコガネムシ(カナブン)やカメムシ、カミキリムシに効果があるくすりですが、これ幼虫には効きませんよね。
追加でオルトランDX粒剤を撒いておこうかな。
これはコガネムシの幼虫には効くらしいですが、カミキリムシの幼虫はダメかなぁ。
オルトランDXはユキヤナギにアブラムシが付いた時に使ったんですが、樹高が1メートルぐらいまでしか効かないんですよ。
うちのユキヤナギは大きいので枝先に集中しているアブラムシは死にませんでした(ゴム手袋して潰しました…)。
地中にいるコガネムシの幼虫には関係ない話ですが。


IMG_0431.JPG
大玉トマトがたくさんなってます。
でもぼちぼちカメムシが出ているんですよ。
カメムシに吸われると皮に傷がつき、引き攣れたようになってしまいます。
畑に薬は使わないので困ってしまう。


IMG_0473.JPG
こちらが昨日の収穫です。
冷蔵庫にもキュウリとナスはあるので食べ切れません。
たまたま今日母の知り合いの方が来られて差し上げました。
毎年キュウリが1日で10本ぐらい取れる日が何回かはあるんですよね。
ゴーヤやナスやキュウリはフラのレッスンに持っていくと喜ばれます。

トマトは全然たりません。
もっとないの?と家族から催促が。
義母がくれるのを待ってます。


咲いているバラです。
IMG_0451.JPG
癌腫持ちのジャスト・ジョーイです。
好きな色です。


IMG_0453.JPG
シェエラザード


IMG_0454.JPG
レディ エマ ハミルトン


IMG_0456.JPG
白バラゾーンではアイスバーグ、ヨハネパウロ2世、ファビュラス!など。


IMG_0459.JPG
ヨハネパウロ2世は花びらが傷んでます。


IMG_0469.JPG
ボレロ


IMG_0460.JPG
クィーン エリザベス


IMG_0461.JPG
挿し木苗のアンジェラ


IMG_0457.JPG
手前の赤はバーガンディ・アイスバーグで奥はオデュッセイアです。


IMG_0472.JPG
バーガンディ・アイスバーグは花びらの裏が白いのが好き。


IMG_0458.JPG
オデュッセイアは枝を伸ばすかまだ思案中。


IMG_0468.JPG
アブラハム・ダービー


IMG_0471.JPG
ジュビリーセレブレーション

どのバラも春と比べると花が小さく、花びらの枚数も少ないです。
無理して咲かせるより蕾を摘もうかと思うんですがね〜。

毎日蒸し暑いですが、本格的に草むしりをしないといけません。
日中は暑すぎるし、汗をかくのはわかっているので、シャワーに直行できるように夕方メインのガーデニングになります。
時間切れで出来ない作業も増えてきました。
暑くてもやるしかないなー。
がんばろー。



nice!(3)  コメント(0) 

黒点病と癌腫ちゃん [我が家のバラ]

中途半端なお天気が続いています。
降るなら降るでザーッと水やりしなくていいぐらい降って欲しい。
降らないなら今日は絶対平気ってならないと薬剤散布ができません。
前の薬剤散布から2週間。
最初に黒点病が悪化した株は治ってきたのに、新たな罹患株が出て来ました。
これはここ数回連続散布しているトリフミンが治療薬で、予防に向いていないと言うことか。

IMG_0338.JPG
こちら6月23日のアメジストバビロンです。
右半分の新しいシュートは葉がありますが、左半分は丸坊主です。
去年の2月に大苗で購入しましたが、去年も春以降黒点病で散々でした。
今年も1番に悪化しました。


IMG_0417.JPG
こちらが今日の状態です。
裸の枝だったのが新しい葉が出てきました。
もちろんまだ油断はできませんが、持ち直してくれたのは嬉しいです。


IMG_9734.JPG
これが5月のアメジストバビロンです。
半つる性ですが、それほど伸びませんでした。
四季咲き性は強くて、枝が丸坊主になっているのに蕾をどんどんつけてきます。
もちろん治療中なので全部摘んでます。
このまま夏過ぎまで花は咲かせずに秋バラに期待します。

逆に今まで元気だったバラの下葉がパラパラと落ちてます。
これは黒点病のせいなのか、新陳代謝なのか。
全く黒点病が出ていないのに!と言い切れないのが問題ですが。


あとハダニが少し出てきたのも心配です。
バレリーナとかラベンダードリームとか小輪系は仕方ないにしても、ノヴァーリスに症状が出たいのにはビックリ。
あと庭でカナブンの死体をよく見るんですよね。
これは産卵して力尽きた結果なのか…。
チュウレンジバチの産卵跡もありました。
でも食べられた形跡がないところを見ると殺虫剤が効いているのかと。
やはり薬剤散布は必要ですね。

IMG_0420.JPG
癌腫が出てショックだったジャスト・ジョーイですが、コブがどんどん大きくなってきました。
それで手で取ってみたらボロっと取れました。
キモい〜。
全部取れたわけではないのでそのまま経過観察します。


IMG_0424.JPG
フラウ・カール・ドルシュキはボーリングせずに咲いてます。
花持ちは悪いですが蕾はまだたくさんあります。


IMG_0425.JPG
ガートルード・ジュキルの美しさはiPhoneでは表現できません。
このバラも地植えして大きくたくさん咲かせようかな〜と妄想中。
しかし、地植えすると言うことはそこに置いていた鉢が置けなくなるので配置が難しくなるのである。
う〜む。


IMG_0426.JPG
ゴールデン・セレブレーションも返り咲きがチラホラ。
相変わらず上に咲く。
アーチの上とか。


IMG_0428.JPG
ちゃんと下で咲いてるのもあるんですけどね。
花の美しさは相変わらず。
葉っぱも今のところはキレイ。


IMG_0419.JPG
畑でひっそりとアガパンサスが咲いてます。
雨が似合いますね(降ってないけど)。


IMG_0421.JPG
ペンタスは元気一杯夏の色。


IMG_0418.JPG
クレマチスのフェアリーブルーがキレイに咲いてます。
2、3年のうちには大きくたくさん咲かせたい花です。

明日の天気はどうかな〜。
本気で薬剤散布しなければ!



nice!(1)  コメント(0)